墓地工事・石碑・灯籠・石材加工一式なら深澤石材店

墓地・墓石なら山梨・石和の深澤石材にお任せ下さい。

  • HOME
  • 事業紹介
  • 墓石紹介
  • 施工例
  • ご供養代行
  • お墓のリフォーム
  • お墓のお引越し
  • 耐震工事
  • よくあるご質問
  • お申し込みの流れ
  • お墓にまつわる話
  • 会社概要
  • サイトマップ
  • お問い合わせ

有限会社 深澤石材店
〒406-0031
山梨県笛吹市石和町市部
1145
TEL:055-262-2860
FAX:055-263-7728
年中無休

お墓にまつわる話
HOME > お墓にまつわる話

お墓づくりの概念

墓相とは?
人相、手相、家相というように墓にも墓相があると考え、墓の形や、石碑の質、色、墓の方位、環境など、いろいろな角度から吉凶を占うのが墓相学です。
墓相学が登場したのは大正末期頃と云われますが、大東亜戦争と終戦の混乱から抜け出し急速な経済成長を遂げ、生活の安定と共に最近墓地への関心も高まり、墓相なるものも一部の人々の熱心な研究によって多くの出版物や雑誌に紹介され目につくようになりました。
隆盛を誇ってきた家が、いつの間にか傾き、あるいは家族に病人が絶えず、又は続けて交通事故にあったのは「数年前に建てた墓が凶相だったからだ……。」と云うようにいくつかの例を挙げて説明していますが、これら墓相の見方を信ずるも信じないも、人それぞれです。
墓相は、科学的に現実的に考えよう
墓相に限らず、家相や、行先方角まで総ての占いを信じていたら家も改築しなければならず、一日の行動も、今日はこの方角は凶等と云っていたらノイローゼになってしまいます。
しかし占いとか墓相なるものは人々の長い生活から生まれた知恵で、ある程度の説得力をもつものであり、いちがいには否定できません。墓相にも様々な流派があり、石碑は青色、黒色、紅色等は凶相(火難や災害に逢いやすく家庭は破壊を招く)と云う流派と黒御影石こそ最良の墓石と主張する派もあります。
暗いじめじめした陰気な墓に暗い色の石碑を建てては一層陰気になってしまうから、これを凶と考えれば納得が行きますが、現代の明るい公園墓地での流行は、「白」から黒、青、赤などカラフルな色が好まれ、良質で重量感のある黒が圧倒的な人気を集めているのが現状です。
仏典に「墓相」……無い
墓はどのように作るべき…等と仏典には一言もふれていない。したがって「墓の方位や形によってその家の盛衰等あり得ない」と云って仏教関係者の中には墓相について全面的に否定する方もありますが、要は大宇宙の真理に従って、科学的、現実的に考え最も常識的なものが吉相と考える事がよいのではないでしょうか?
墓は誰の為に造る?
人間は歴史の始まりから墓を造り、まつる事に強い情熱と工夫を重ねてまいりました。
古代より栄えた民族は、部落の連帯意識のもとに権力の象徴として巨大豪壮な墓をつくり、我が国でも平安時代以後になると貴族は、富を集めて多くの寺院を建て、そこにまつりを求めて栄えてまいり、人間の歴史は墓とともに歩んで来たとも言えましょう。
とくに私たち日本人は”墓”に対して独特の観念をもち、埋葬された死者のたましい(霊魂)の存在を認めるだけでなく、そのまつりを通して祖先と子孫の安泰を願い「死」を念頭に置く事によって「生」の充実を図っている。つまり人の心は弱いもので祖先の霊の御加護を信ずればこそたくましい生命力と勇気が調和し、希望に満ちた生活が送れるものなので、墓は死者と現世に生きる者の大切な対話の場所であります。
肉体と霊魂
”死”は肉体の作用が停止する事で霊魂はこの寂滅した肉体(遺骸)を離れて浮遊し、四十九日間はその家の中でさまよい、やがて浄化されて軽くなり、極楽浄土に旅立つものと信じられています。遺された肉体はその根源である自然の中に速やかに還元されなければならず、肉体を離れた霊魂には祀りを通じて安らぎを与えなければなりません。葬儀も墓をつくって供養する事も古来より一貫し流れ伝えられて来たこの考え方によるもので、墓をつくる上からもこれを根本に考えることがよろしいでしょう。
墓地の地形方位
もともと墓は陰性なものであるので、陰陽調和をとる事がもっとも大切であり、日当りの良い東南向きが最良ですが、最近の公園墓地は、墓全体の明るさを充分工夫して作られているので余りこだわる必要はないでしょう。
墓域内の植木
植木は大きく成長して墓石や墓域を覆って暗くし、その根は地下の納骨堂に安置されている遺骨の安静を侵しますので大きく育つものは避ける。
墓石
墓地に使う石は陽明な雰囲気を高め、品格を備えるためにも白御影石で統一するのが望ましいとされていますが、末代まで永遠不変で且つ荘厳な品格をたかめられるよう硬く重量感のある材質が良い。
尚、墓は庭の延長ではなく、自然石をやたら持込むのは避け、灯籠は実際に灯をともせる供養灯が、理想的です。石塔は花崗岩(みかげ石)や、安山石等の硬質な石が自然の風化にも堪えて美しく、更に台石も含めて同じ石で統一するのも調和がとれてよいでしょう。
墓は記念碑ではない
亡くなられた人の功績を後々の子孫に鏡として伝えたい心情はわかりますが、墓はその人一代のものではありません。
よく前衛彫刻や、芸術性豊かな墓、更に個人の胸像までたてた墓もありますが、これは後の人々の霊をまつる時の邪魔にならないよう留意する事も大切で、たとえ功績のあった方でも墓は代々の霊をまつる供養の場所であり故人の霊魂は生前の個性(自我)をすて、永遠なるホトケに成仏するのであるから、死後にまで生前の個人意識を墓に持込むのは考えもので、せいぜい墓には墓誌にその人の功績を記す程度にしたいものです。
墓地に生命を!
墓参りのおり、墓石に水をかけるのは、墓石の汚れや塵を洗い流すだけでなく、土に水が浸みこんで埋葬されている遺骸が早く土に還るように願いをこめて行われるのが本来の意味で、墓地の表面をコンクリートや石で敷きつめたり墓石に屋根をつけたりする事は、自然を拒否し、生命力の循環を遮断する事になります。
雑草が生えても墓参り毎、小まめに除草し常に清潔にして先祖の霊と心の通い合う場にふさわしい生気ある雰囲気づくりに心がけねばなりません。

お墓と税金

墓地には税金がかかりません。即ち墓の取得や工事に多額の費用がかかっても、取得税や固定資産税の対象となりません。

節税のための墓地取得
相続税申告の際、葬儀費用は債務として財産から控除できますが、墓地購入費は債務控除として計算しても差し引いてくれません。
したがって墓地は相続させる方が健在のうちに入手し金のかかる石工事も総て終了しておくのが、最も有利な節税となります。
詳しくはお問い合わせください